2017年09月16日

こんにちは、トロ・ロッソ ホンダF1

マクラーレンのパートナーシップが終了するホンダ。

ホンダは<F1>へのチャレンジをやめることはない。


2018年は、『スクーデリア・トロ・ロッソ』と

新たなパートナーシップを結び、パワーユニットを供給する。

Scuderia Toro Rossoへのパワーユニット供給を決定


Hondaは、FIA※フォーミュラ・ワン世界選手権(以下、F1)において、Scuderia Toro Rosso (スクーデリア トロ・ロッソ 以下、トロ・ロッソ)と2018年シーズンからのパワーユニット供給について合意いたしました。これにより来シーズンは、トロ・ロッソをワークスチームとした1チームへの供給体制となります。





トロ・ロッソは、レッドブルの兄弟チームの中堅チーム。

現状は、マクラーレンより結果を残している。


ホンダF1にとっては、新たな挑戦になる。


2017年の残りシーズンはマクラーレン・ホンダとして戦う。

第14戦F1は、パワーユニットをどこまで昇華させるか?

ホンダ・ジェットの技術を投入するのか、
それとも、来シーズンまで温存するのか?


いろいろな感情・疑問があるなか、シンガポールGPが
間もなく始まろうとしている。



2017年09月15日
Scuderia Toro Rossoへのパワーユニット供給を決定【ホンダ ニュースリリース】

http://www.honda.co.jp/news/2017/c170915b.html

コンストラクターズ・ランキング(第13戦イタリアGP時点)


1位 メルセデス 435 points
2位 フェラーリ 373 points
3位 レッドブル 212 points
4位 フォース・インディア 113 points
5位 ウイリアムズ 55 points
6位 トロロッソ 40 points
7位 ハース 35 points
8位 ルノー 34 points
9位 マクラーレン 11 points
10位 ザウバー 5 points




ランキングに参加しています。

応援、よろしくお願いします。

    ↓

人気ブログランキングへ

posted by あいうぃる at 01:10 | Comment(0) | TrackBack(0) | レース イベント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント

この記事へのトラックバック



日本のクルマ事情」の先頭へ