2017年10月09日

ハミルトン、鈴鹿で初ポール・トゥ・ウィン  F1日本GP決勝レース

ルイス・ハミルトンが鈴鹿で初ポール・トゥ・ウィン。


2017年10月8日、F1日本GP決勝レースが鈴鹿サーキットで開催。

メルセデスAMGのルイス・ハミルトンが
鈴鹿で初めてのポールポジションからスタート。

ポール・トゥ・ウィンで61勝目を飾った。

2位にマックス・フェルスタッペン、3位には
ダニエル・リカルドのレッドブルが続いた。



鈴鹿サーキットは、ホンダのホームサーキット。

マクラーレン・ホンダとして最後のレースだったが、
予選10位のフェルナンド・アロンソは、パワーユニット交換のため、
最後尾からスタートし、ポイント圏内に一歩届かず、
11位でのフィニッシュとなった。

予選11位、9番グリッドからスタートしたストフェル・バンドーンは、
オープニングラップ2コーナーでコースアウトし、大きく順位を落とし、
14位でのフィニッシュとなった。


マクラーレン・ホンダとしての鈴鹿でのレースは、
11位、14位で終了した。


ルイス・ハミルトンとドライバーズ選手権を争う、
フェラーリのセバスチャン・ベッテルは、序盤から
エンジンに問題が起こってしまい、パワーが出ず勝負にならす、
5周目にピットインしてリタイアし、ノーポイントに終わり、
ハミルトンに大きく差をつけられた。


2017年 F1日本GP決勝レース 結果


優勝 L.ハミルトン メルセデス
2位 M.フェルスタッペン レッドブル
3位 D.リカルド レッドブル

4位 V.ボッタス メルセデス
5位 K.ライコネン フェラーリ
6位 E.オコン フォース・インディア
7位 S.ペレス フォース・インディア
8位 K.マグヌッセン ハース
9位 R.グロージャン ハース
10位 F.マッサ ウィリアムズ 
11位 F.アロンソ マクラーレン 
12位 J.パーマー ルノー 
13位 P.ガスリー トロロッソ 
14位 S.バンドーン マクラーレン 
15位 P.ウェーレイン ザウバー

リタイヤ

- L.ストロール ウィリアムズ 
- N.ヒュルケンベルグ ルノー 
- M.エリクソン ザウバー 
- S.ベッテル フェラーリ 
- C.サインツ トロロッソ 





ランキングに参加しています。

応援、よろしくお願いします。

    ↓

人気ブログランキングへ

posted by あいうぃる at 14:04 | Comment(0) | TrackBack(0) | レース イベント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント

この記事へのトラックバック
日本のクルマ事情」の先頭へ