2009年08月28日

環境省、自動車の騒音軽減でマフラー由来だけでなく『タイヤ』由来も規制

環境省、自動車の騒音軽減でマフラー由来だけでなく『タイヤ』由来も規制

 自動車の改良が進み、ふつうの舗装道路を一定の速度で走らせた場合、騒音の約9割はタイヤが回転するたびに路面をたたく音や、路面とタイヤの溝にはさまれて圧縮された空気がはじける音などタイヤ由来となり、

 環境省によると、同じトラックを50km/hで走らせた国内の実験では、タイヤの構造や溝の模様の違いによって騒音に5デシベル程度の差がでた。また、70km/hで走らせた海外の実験では、同じタイプのタイヤでも、メーカーの違いで3〜9デシベルの差が出たケースもあったという。

 欧州で先行するタイヤ規制などを参考にしながら、2011年度以降に導入へ。
 
  http://tsushima.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1251269546/
  http://yutori7.2ch.net/test/read.cgi/liveplus/1251274066/
  http://hideyoshi.2ch.net/test/read.cgi/dqnplus/1251286683/

ランキングに参加しています。

応援、よろしくお願いします。

    ↓

人気ブログランキングへ

posted by あいうぃる at 01:15 | Comment(0) | TrackBack(0) | 政治・税金・法律・規制 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント

この記事へのトラックバック



日本のクルマ事情」の先頭へ