2011年10月09日

F1 第15戦 日本GP 決勝結果

F1参戦の小林可夢偉選手が、鈴鹿に被災地少女合唱団招いた。

国歌斉唱で澄み切った秋空に君が代が響き渡った。

レースは、自己最高の7番グリッドから決勝に挑んだ小林可夢偉=ザウバー・フェラーリ=は、スタートの失敗が影響し、入賞を逃して13位に終わった。

優勝したのは日の丸ヘルメットで走ったジェンソン・バトン=マクラーレン・メルセデス。
最速タイムを連発する快走で、日本GP初制覇と今季3勝目を果たした。

ボール・ポジションからスタートしたセバスチャン・ベッテル=レッドブル・ルノー=は、優勝こそできなかったが3位で15点を加算し、最年少での2年連続2度目の年間総合優勝を成し遂げた。

http://sports.mobile.yahoo.co.jp/p/spnavi/f1/gp/?round=15

F1第15戦 日本GP 決勝結果

順位 選手名
所属チーム
タイム(差) 周回数
1位 ジェンソン・バトン
マクラーレン
1:30'53.427 53周
2位 フェルナンド・アロンソ
フェラーリ
+1.1 53周
3位 セバスチャン・ベッテル
レッドブル
+2.0 53周
4位 マーク・ウェバー
レッドブル
+8.0 53周
5位 ルイス・ハミルトン
マクラーレン
+24.2 53周
6位 ミハエル・シューマッハ
メルセデスGP
+27.1 53周
7位 フェリペ・マッサ
フェラーリ
+28.2 53周
8位 セルジオ・ペレス
ザウバー
+39.3 53周
9位 ビタリー・ペトロフ
ロータス・ルノーGP
+42.6 53周
10位 ニコ・ロズベルグ
メルセデスGP
+44.3 53周
11位 エイドリアン・スーティル
フォース・インディア
+54.4 53周

13位 小林可夢偉
ザウバー
+1 03.7 53周
14位 パストール・マルドナード
ウィリアムズ
+1 04.1 53周
15位 ハイメ・アルグエルスアリ
トロ・ロッソ
+1 06.6 53周
16位 ブルーノ・セナ
ロータス・ルノーGP
+1 12.6 53周
17位 ルーベンス・バリチェロ
ウィリアムズ
+1 14.1 53周
18位 ヘイキ・コバライネン
チーム・ロータス
+1 27.8 53周
19位 ヤルノ・トゥルーリ
チーム・ロータス
+1 36.1 53周
20位 ティモ・グロック
ヴァージン
2周遅れ
21位 ジェローム・ダンブロシオ
ヴァージン
2周遅れ
22位 ダニエル・リチャルド
HRT
2周遅れ
23位 ビタントニオ・リウッツィ
HRT
3周遅れ
- セバスチャン・ブエミ
トロ・ロッソ
リタイア 11周

ランキングに参加しています。

応援、よろしくお願いします。

    ↓

人気ブログランキングへ

posted by あいうぃる at 22:01 | Comment(0) | TrackBack(0) | エトセトラ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント

この記事へのトラックバック



日本のクルマ事情」の先頭へ