2009年05月11日

自工会、「温室効果ガス排出削減」に関する中期目標を策定

自工会、「温室効果ガス排出削減」に関する中期目標を策定

 政府が示している温室効果ガス排出削減の中期目標6案のうち、「先進国全
 体で1990年比で25%削減し、限界削減費用(二酸化炭素を1t追加削減する
 のに必要な費用)を各国で均等化する」という案が最適との考えを示した。
 「今後、欧米に対して日本と同等の努力を行うよう要求すべき」とも。
http://release.jama.or.jp/sys/news/detail.pl?item_id=1375
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090424-00000020-fsi-bus_all

ランキングに参加しています。

応援、よろしくお願いします。

    ↓

人気ブログランキングへ

posted by あいうぃる at 18:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 環境対策ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年04月23日

八戸工業大学(青森)、EVを普及するための課題を検証する実証実験

八戸工業大学(青森)、EVを普及するための課題を検証する実証実験

 電気自動車10台程度をメーカーから提供を受け、雪国での
 走行データを分析するほか、CO2削減分を利用者へのサービスに
 繋げるシステムなども研究対象とする。
 
 経産省に提案し、モデル事業に採択された。県とも連携し、
 今年9月から来年2月まで実施する。研究費は約1.6億円。
 
http://www.yomiuri.co.jp/e-japan/aomori/news/20090417-OYT8T00203.htm

ランキングに参加しています。

応援、よろしくお願いします。

    ↓

人気ブログランキングへ

posted by あいうぃる at 20:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 環境対策ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

水草から「バイオエタノール」を抽出する技術を開発。京都大学など

水草から「バイオエタノール」を抽出する技術を開発。京都大学など

 琵琶湖で大量発生し、問題になっている水草からエネルギーを
 抽出することを思いつき、約7年前から研究を始めた。
 
 遺伝子操作をした清酒用の酵母を、すりつぶした水草から採った
 糖分に入れると、発酵が進むことを発見。

 今月1日からは、経産省のモデル事業として実証試験を開始。
 来年3月までに140kgの水草から約300mLのエタノール生成を目指す。
 
http://www.yomiuri.co.jp/e-japan/shiga/news/20090418-OYT8T00868.htm

ランキングに参加しています。

応援、よろしくお願いします。

    ↓

人気ブログランキングへ

posted by あいうぃる at 05:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 環境対策ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年04月20日

八戸工業大学と青森県、「EV・PHV導入による低炭素地域モデル構築事業」

八戸工業大学青森県、 「EV・ PHV導入による低炭素地域モデル構築事業」

 国の新規事業に採択され、青森市を中心に実証実験を行う
 ことが決まった。
 電気自動車約10台を県と青森市、協力企業の東北電力
 青森支店、東日本電信電話青森支店が社用車として使用する。
 
 市内に給電スタンドを設置し、スタンドの位置や込み具合を
 知らせる情報システムなどを構築する。

 

 実証は9月から来年2月までで、研究費は約1.6億円。
 「まず行政や企業で課題を探り、一般県民に活用してもらう
 環境をつくりたい」と青森県担当者。
 
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090415-00000024-mailo-l02

 





All About[エコライフ]

クルマがあれば、人生はもっと愉しい

ランキングに参加しています。

応援、よろしくお願いします。

    ↓

人気ブログランキングへ

posted by あいうぃる at 07:00 | 環境対策ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年04月03日

経産省、EVとプラグインHVの普及を図る『EV・PHVタウン』に8都府県を選定

経産省、EVとプラグインHVの普及を図る『EV・PHVタウン』に8都府県を選定

 認定地域は東京都や神奈川県などで、モデル事業の実施計画や
 マスタープランの策定に当たり、財政面などで国の支援を
 受けられる。
 
 公用車を購入する自治体に対しては、ガソリン車との差額の
 半分を補助したり、調査費として数百万円の補助金を支給
 したりすることを検討している。
 
 他に選ばれたのは青森、新潟、福井、愛知、長崎の5県と
 京都府で、それぞれ6月までに具体的な行動計画をとりまとめる。
 
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090401-00000005-khk-l02
http://www.business-i.jp/news/kinyu-page/news/200904010011a.nwc
http://sankei.jp.msn.com/politics/policy/090331/plc0903312206022-n1.htm
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090331-00000008-fsi-bus_all.view-000
http://www.mutusinpou.co.jp/news/2009/04/6023.html
http://www.meti.go.jp/

 

漱石のマドンナ

ランキングに参加しています。

応援、よろしくお願いします。

    ↓

人気ブログランキングへ

posted by あいうぃる at 17:27 | 環境対策ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
日本のクルマ事情」の先頭へ